The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ボクサーミーティング10月
2011-10-30 Sun 23:24
10月の最終日曜日の30日

鈴鹿8耐などで有名な 千石清一さんが率いる BMWR100RS をメインとする神戸RSクラブ主催の BMW Boxer Meerting に行ってきました。

天気予報が当たり、雨が降り始めた中国自動車道を宝塚方面へ
DSCF7688.jpg

ウエット路面がうらめしい有馬街道
DSCF7689.jpg

この先の県道82号沿いにある「山のパン屋さん:ダディーズベーカリー」が今回の会場です。

到着すると、もう千石さんは会場に
「ご無沙汰しています。」
久しぶりに会って会話が弾みました。
8耐の時は、芸能人チームのチームシンスケのピットは厳戒態勢だったので、近づくこともできず、挨拶もできなかったですから。
DSCF7693.jpg

そしてここに集まった人たちは、皆BMW好きばかり。 会話が弾まないわけがありません。
DSCF7697.jpg  DSCF7698.jpg  DSCF7699.jpg

そして、この山のパン屋さんのオーナーもBMW好きだそうで、ボクサーミーティングの時は、飲み物とピザがsetで特別に500円で提供してくださっているのです。
DSCF7694.jpg
モッチモチの食感のこのピザは、絶品でした。

鈴鹿の魔物コジマヨシタカ君の司会でDSCF7695.jpg今回から、千石清一ゼミナーが開催されました。
DSCF7700.jpg

熱のこもった千石清一セミナー
DSCF7701.jpg
大変参考になりました。
次回は、サスペンションのお話の予定だそうです。 楽しみです。

この後も、雨の中にもかかわらず、BM談義に花が咲きました。DSCF7702.jpg


午後2時には、ミーティングも終わったのですが、千石さんにガレージに来るようにお誘いを受けて、ベンツの後ろをついていきました。DSCF7703.jpg



DSCF7704.jpg
千石さんのガレージには、R100RSがずらり、
どれもこれもとってもきれいできちっと整備されています。


そして、とっても懐かしいカラーの2本サスも
DSCF7706.jpgこの色のスポークホイールのRSが、R75/5の次に私が乗っていたBMWで、その当時衝撃だったそのフォルム、あの当時の京都BMWクラブのほとんどのメンバーがRSに乗っていたことなどを思い出します。
そして、そのRSで初めてのサーキット走行(筑波サーキット)をしたのでした。
そののりで、出場した筑波サーキットの 第2回バトルオブツイン(その後にバトルオブザツインに改名されました。)初めてのロードレースで2位になり、自分でもびっくり、その結果、レースの世界に(と言っても草レースですが)すっかりはまっていったのです。
そういう意味でも、私のBMW人生の原点のオートバイです。

こちらは、千石さんの乗っている車両
DSCF7705.jpg
デロルトのキャブの付いたR80と、ミクニのフラットバルブが付いたR100RSのエンジンの磨かれようは尋常ではありません。ビッカビカです。

先ほどのRS達は、売り物なのだそうですが、そちらも相当磨いてあります。 千石さん自身がワイヤーブラシで磨いているそうです。 本当にBMWを愛していらっしゃるんでしょうね。
値段も77万から  本当にその値段なの?  もしRSを探している人がいたら、どこで買うより千石さんの所で買うのがお買い得だと思いました。

本当にお宝がいっぱい詰まった宝箱のような千石さんのガレージを後にするころには、雨も本降りになっていましたが、とっても楽しかった今日のことを思うと、気分は、晴天。 気持ちよく帰る事ができました。

千石さん、魔物コジマさん、そして、今回出席の皆さんありがとうございました。

これからも毎月、最終の日曜日に「山のパン屋さん:ダディーズベーカリー」でおこなわれる予定のボクサーミーティング
毎月出席をしようと思っています。 そして、皆さんのお名前を早く覚えていかないと!!
スポンサーサイト
別窓 | BMW | コメント:4 | トラックバック:0
| 社長の日記TOP | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。